クレジットカード現金化は細々と少ない需要に応えています

クレジットカード現金化は細々と少ない需要に応えています

クレジットカード現金化の全てを悪だと決めつける事は出来ないと当サイトでは考えます。

 

しかし、当然悪徳まがいの営業方法で換金を行っている業者につきましては論外ですが、合法の範囲内で運営し利用者との同意を得て手続きがなされるのであれば、確かにグレーと言われてもしょうがないのですが認めてあげるといいますか、適度な距離で見守るくらいでちょうどいいのではないか、と思うんです。

 

TOPにも記述していますが数少ないであろう経済弱者を救済する最後の手段でもあり、当然利用しない方が良いことについてはこのサービスだけでなく、あらゆる金策方法の全てに言える事ですからね。

 

その当事者たちがなぜメリットとして感じているのか以下にまとめてみました。

  1. 多重債務中でも問題無し
  2. 審査が無いと言う事であり、正規の業者から借入していて債務を持っている状況でもショッピング枠さえあれば突破する事が出来るという荒業が実現できる。

  3. 在籍の確認が無い
  4. 会社や自宅に連絡がいかないと言う事であり、今現在無職でも利用が出来るということ。

  5. 家族にも内密に出来る
  6. 通常のクレジットカードの使い方に準じる支払い方法ですから、自分自身の口座から引かれていくことになりますので、何かと身内に対しては言い訳が立ちやすい。

他にも、借金をする事に対して抵抗感を抱いている方にも、このような条件の緩い感じがウケている理由とも考えられています。

 

元々の利用者数が少ないことが予想され、その絶対数に比べて業者が飽和している状態が続いておりましたが、近年は広告展開に敗北した業者が続々と閉店をしており、サイトは確認が出来ても連絡が繋がらないところも含めるますとかなりの数が潮時を迎えている様子です。

 

これは無店舗型のお店における事象ですが、実店舗を構えるお店はもともと地域密着型として運営されているためか、都心のお店では相次いで閉店が続いているようですが、地方のお店は意外にも長く営業を続けられているようです。

 

少子高齢化にともなって若い世代は税金や年金の支払い、賃金の上がり辛い世の中と戦い、高齢者はこれまでに貯めてきた貯蓄がある者は悠々自適、無い者は歳を取っても働きに出なくてはならず貰える給料も低収入で年金も当てにならない・・・というのが大まかな日本の現状。

 

これからも目立たないところでクレジットカード現金化が経済弱者の生活を支えることになりそうですね・・。