生活の中で節約に心掛ける事が一番良い金策です

生活の中で節約に心掛ける事が一番良い金策です

”支払いをしなければいけない”この考え方が金策を後押しする事になりますl。

 

お金が無いから何かに縋らなければならない、いや、これまでにお金を貯金してきませんでした、が正しいのでは無いでしょうか?元々身銭を蓄えておけばクレジットカード現金化に縁の無い生活を続けられたことと思います。

 

そんな簡単に言うな、という言葉が聞こえてきそうですが、どんなに所得が低くても高くても、結局意識が無い人の節約に対する考え方は変わらないでしょう。

 

なってからでないと気付かない、それでは理性を持った動物=人間では無く、ただの動物です。

 

自分の収入を自由に使うことは悪い事では有りませんが、物事には限度があります。

 

人生経験の無さから、特に若いうちに金銭面で失敗してしまいますとその後の人生に影響が及びますので、働き始めてから希望する収入を得るまでの道のりというのは、サラリーマンでは何年も何十年も時間が必要となります。

 

自分ひとりで仕事をしているわけでは無いのですから、自分が満足できる給料を貰えずにオカシイと考える方は、どれだけその組織に貢献しお金を齎しているのか、はっきりとした数字と会社経営上の様子と照らし合わせれば分かる事であり、単純に12時間働いている、残業をしている、などの理由で賃金を求める方は幼稚だと私は思います。

 

ここまでは貯金をしてこなかった事に対しての批判であり、貯金額の大小を指しているのではありません。

 

そもそもクレジットカード現金化で用立てられる金額はショッピング枠の範囲内ですから、何百万もクレジットカード現金化を利用している人は法人カード、もしくは金融商品絡みで追証などの失敗に伴う方くらいではないでしょうか。

 

クレジットカード現金化に伴う手数料の発生が気に食わないとする検討者の方がいらっしゃるかと思いますが、肩を持つわけではありませんが相手は商売で行っていることですので当然です。

 

逆に利用せざるを得なくなった貴方が恥ずかしくさえ思います。

 

貨幣社会が人間が人間らしく生きる為の条件ですから、お金から逃れる事は出来ません。

 

ましてやお金をもっと欲しいと考えている人は世の中、同年代の方も同じであり、貴方だけが苦しい思いをしているワケでは有りません。

 

皆、必死になって毎日を戦っているのですから、その努力を怠った結果が社会的地位にも繋がります。

 

元々裕福な家庭に生まれ育った方は、そのまま良い環境で大人になっていく確率は高く、生まれた環境で将来が決まるのが日本社会で、一代で何かを築き上げることがいかに素晴らしい事なのか分かると思います。

 

安定を求める日本人の気質が、低所得者層と中流層の増加につながっているのではないでしょうか。