クレジットカード現金化でよくある懸念事項をまとめてみた

クレジットカード現金化でよくある懸念事項をまとめてみた

正直申しまして、机上の話だけではクレジットカード現金化を理解する事は非常に難しいと一体験者と致しましては感じます。

 

実際に自身のクレジットカードで決済をして、自身の口座に入金が確認されて初めて理解する事ができると考えます。

 

何しろお金が先行して取引される方が多いですから当然と言えば当然の事なのですが、まずは疑いの気持ちを持って申込みをしている事と思います。

 

これは正しい事です。

 

最終的に良かったと感じる事が出来れば良いのですが、工面するために申し込みをして「振込されない」などのトラブルを引くことが一番厄介であり、これは利用者自身も規約違反に該当されている事に加え、商品を購入する決済はごく一般的に行われている事ですから、換金目的では無いとする取引上、"自分の意思で購入したけど支払いません"では、ますますホルダー側の立場は危ういモノになります。

 

定期的にクレジットカード現金化に関する話題は出てきておりますので、これからもその様な話題が出ない保証など一切有りません。

 

しかし、定説としてクレジットカード現金化に対する見方を説明する質問の内容は従来からも全く変わる様子が無く、今回は業者や比較サイトにて掲載されている情報を参考程度に抜粋し、まとめてみました。

 

キャンセルに伴うクーリングオフは可能?

 

通信販売業の多くはクーリングオフの適用外とされていますので、何かと基本的に事業者はキャンセルに応じるだろうという先入観が我々日本人には有りますが、実は自主的な方針で有ることの方が多いです。

 

しかし、最近のAmazonギフト券現金化のように、電子マネーや電子コードのように不変的な価値ある商品については、その性質上クレジットカード現金化業者が応じる事はありません。

 

これを良い事に、様々な詐欺集団が目を付けているコトも次第に明るみとなってきています。

 

貸してくれるんじゃないの?

 

実はやっているんじゃないの?実際に過去に検挙された業者は並行して行っていたという情報も有り、むしろ危険ですから近寄ってはなりません。

 

クレジットカードを作ってくれる?

 

この程度の理解力ではクレジットカード現金化はハードルが高すぎる金策です。

 

社会人ですからある程度の一般教養は弁えておかなければなりません。

 

まとめ

 

正直複雑過ぎて、店員さんに概要の説明を求めた方がよく理解できます。

 

中にはそれを煙たがるお店が有るようですが、責める必要も無く、そっと電話を置いていただいて結構です。