クレジットカード現金化は違法なのでしょうか

クレジットカード現金化は違法なのでしょうか

換金する事を推奨している側にあるのは、いつも業者や広告報酬を目的とした比較サイトばかりで、一利用者と推測される口コミや情報も有りますが、それが果たして真意はステマか判断できる確証や保証などどこにもありません。

 

この商法で逮捕者が過去に何人か存在している事も確かなのですが、そのような事例は幾つもあるのに実際に店を構える業者は少なくはありません。

 

逮捕されるまでに至る経緯も異なりますので、一概にクレジットカード現金化だから逮捕というワケではないようです。

 

それを裏付ける様に、最近新橋にあるお店に強盗が押し入った事件がメディアを駆け巡りましたが、クレジットカード現金化業者なのにも関わらず被害者の名称を「金券ショップ」として表示し、強盗は逮捕されましたが肝心のお店側については何のお咎め無しでした。

 

キッカケは特殊ですが一度警察がクレジットカード現金化業者に立ち入ったはずですから、事の結末がこれだとすると面白い考え方が出来そうですよね。

 

恐らく結果的に換金されるまでの工程が焦点となっている事は明らかであり、合法性をもって取引されて"結果的に換金"されている場合は取締の対象では無く、商品の実態が存在しなかったり融資や借金としての宣伝で集客する事など、その方法が論点と言えます。

 

それが法の網目を抜けたことが顕著に表れているのが、Amazonギフト券買取によるクレジットカード現金化ではないでしょうか?

 

発行元では転売について認めていないものの、法律がそれを定めていない事により、事実上転売されている実態があります。

 

クレジットカード現金化として集客をしていないものの、結果的に換金できるのですから、これもまた換金市場や買取業者を含め同様のサービスと指摘されていない事は、いかにこのサービスが世間に周知されていないかということの表れでもありそうです。

 

何が良くて何が悪いのか・・・普段利用している様々なサービスについても同様ですが、昔は許されても今はダメなモノ、コトはたくさんありますよね?こうしたサービスもまた、時間の経過とともに社会的な見解が公けにされて何等かの制約が生まれても可笑しくはありません。

 

少なくとも信用を換金する行為は信用を損ないかねないリスクを考えてみませんか?

 

と、お金に代え難いと言いますか、信用をお金で買えるワケで無い・後戻りできないと考えますと、自分の考え方も改める事が出来るのではないでしょうか。