クレジットカード現金化以外に私たちが出来ること

クレジットカード現金化以外に私たちが出来ること

クレジットカード現金化が全てであるかのように宣伝する業者と、それを後押しするようにサービスのメリットを語る比較サイト。

 

この換金行為が社会的に良くない視点で見られている傾向を考えましても、記述する事が出来る内容が無い&限られている事により、WEBサイトとしてのコンテンツが無い比較サイトが無数の様に存在しています。

 

一度覗きこんでしまいますと、申込みへの一方通行が出来上がっておりますので、比較検討者が閲覧してしまっては他の金策について調べる猶予を与えてはくれません。

 

なかなかそれ以外の方法について触れさせる機会や情報を発信する事が少ない中で、自分の身を守るのは自分しかいませんので、取り入れるべき情報は全てでは無く、精査する必要があります。

 

当サイトでは比較することの重要性を発信しておりますので、今回はクレジットカード現金化以外の資金工面方法をキュレーションしてみました。

 

あくまで正規の貸金業者

 

消費者金融はおおまかに2種類に分けられ、銀行傘下であるか否かで少し事情が異なります。

 

総量規制と言われる年収1/3の上限はあまりにも有名ですが、これは銀行傘下では無い方に定められていますので、銀行傘下であれば事実上のフリーローンとして使い勝手の良さは抜群・・・でもその分審査は徹底されるコトになります。

 

非合法貸金業者

 

ヤミ金や個人間融資などの行政から許可を得ていない方が貸し出しを行っているところですが、当然申込みをしてはなりません。

 

携帯電話料金換金

 

最近になって見られる手口で、キャリア決済などの言葉が使われていますが、携帯電話料金を分割やリボ払いで支払えるコトは出来ませんよね?全て一括請求であるということ、換金率の相場が総じて低いことがデメリットです。

 

プライドを捨てて頭を下げ続ける

 

信用情報機関の履歴を汚すことは有りませんが、人としての信頼を著しく損なう恐れがありますが・・・考えてみてください。

 

逆に貸してくれと言われた場合の反応はいかがでしょうか?決して気持ちの良いモノでは有りませんよね?それでも業者を通さないだけマシなのかもしれません。

 

まとめ

 

何かを得る為には何かを失う道理は、金策においても共通することです。

 

情報はたくさんありますが、その中から貴方はコレ!と決めつける事は相談でもしない限りあり得ない事で、まずは業者を使わない方法から模索する事が適切であるコトは言えそうです。