地域特化型集客方法の比較サイトに要注意

地域特化型集客方法の比較サイトに要注意

最近は社会的な規制の影響からクレジットカード現金化について知る術は無くなってきています。

 

時たま社会問題に対するコラムを執筆する方が記事を投稿し、それが各種キュレーションサイトなどで拡散されている様子は今でも有りますが、注意喚起の公式ページとされる省庁の特設ページの更新は現在から逆算して約2年以上も更新されておらず、確かに全盛期と比べて大激減している事から一定の効果を示しているとも感じます。

 

このように、世間がクレジットカード現金化に対して利用しない事が正しいという認知が広まったコトによって、各種案件を取り扱う広告制作・メディア側が自主的なガイドラインを定める事により、その活動を抑制することに繋がっているのですね。

 

さらに、検索順位結果の決定要因となっているアルゴリズムが複雑になったことで、簡単に集客することが出来なくなった業者たちは手頃に集客できる手法として、Yahoo知恵袋や掲示板でのステマ活動に力を入れています。

 

そして全国各地で対応が可能であるはずなのに「●●市のクレジットカード現金化はこちら!」という具合にその地域で請け負ってくれる業者を探している人たちをミスリードしようとしている戦略が組まれています。

 

これらは他の地域名でも同様の業者が表示されている事が見れますので、もし気になった業者を知るキッカケがこの類である方は、試しに検索してみる事をオススメします。

 

都道府県の違いのみならず、各市区町村の名前ごとにタイトルタグを付けて量産しており、地域名称が異なるだけで他の中身は同じという事が特徴で、意図的に狙っている・カモにされているということです。

 

こうした手法で運営されている業者は全てでは無く、限られた業者になりますが、こうした屋号について比較サイトで探しますと多くの場合で比較対象とされていなかったり、ランキング付されているタイプにしても下位に位置している事が多く、苦肉の策として施行している様子が分かります。

 

それだけ業界が苦しんでいると言う事ですね。

 

実店舗型はネットの影響を受ける事無く、その地域に根付いているので世間的な評価は当然受けるものの、その付近に在住する方が対象ですから、むしろネットにお金を掛けても仕方がないと言う事です。

 

媒介物が従来からの換金性の高い品々に集中している事も特徴ですから、実店舗型だから安全だという保証が有る訳も有りません。

 

どれを選ぶにしても降りかかるリスクは皆同じであり、自己責任であるコトも変わりが無いと理解してください。