クレジットカード現金化を比較することの重要性について

クレジットカード現金化を比較することの重要性について

クレジットカード現金化を知らない方にとっては、ショッピング枠という決して現金で引き出す事が出来ない有体性の無いモノを、実際に手に取りだすことが出来るとして、まるで0から1を生み出す魔法のサービスとして、少々怪しいと思いながらも魅力を抱いてしまうことと思います。

 

しかもそれは消費者金融における審査が一切通さずに出来るというワケですから、借り入れ・融資を断られた方からすれば神の如くありがたい存在に感じるのかもしれません。

 

何らかの他の工面する方法があればクレジットカード現金化に頼らなくても済みますし、出来ればそうしたい事も十分に承知の上と言いますか、もうクレジットカード現金化しか選択肢が無いのですから致し方無いのかもしれません。

  • 親族や友人に相談したが相手にされない
  • 会社の上司に借りることや給与の前借が出来ない
  • 副業なんてする時間も無いし給料日まで待てない
  • クレジットカード払いに対応できない項目に支払いをしなければならない

上記の様な理由に合致されている方は、クレジットカード現金化を選ぶか債務整理を選択するかまでに追い詰められた環境に居るのではないでしょうか?抱えている債務の金額が大きければ多い方ほど、債務整理を選択する事を強くオススメしますが、債務を抱えていない場合についてはクレジットカード現金化の需要がありそうです。

 

一度債務整理をされるとこれまで所有できていたクレジットカード自体が使えなくなる恐れがあり、一つの金融事故記録として各種信販やローンに関わるサービスの審査上、不利に働く履歴事項として登録されてしまうからなんです。

 

その履歴は最低でも約5年間ほどは保持されているとされており、いざ何かのサービスに申込みをしたりする際に弊害になる恐れがありますので、安易に債務整理を選択する事は出来ません。

 

一方でクレジットカード現金化は支払いをしっかりと行うことが前提ですが金融事故記録として扱われるコトはありません。

 

しかし、発行元に換金目的に利用した事を告げてしまえば処分が下りますので、クレジットカード現金化をしていたことを忘れて何か有った時の受け答えだけは準備する事を各比較サイトでは提唱されています。

 

こうした内容は業者のサイト上では決して知る事が出来ない"実態"は、比較サイトならではの情報となっていますので、いきなりお店に申込みをする事が損をする事に繋がる事は言うまでもありません。

 

悪質な情報を流すサイトとの見極めをする為にもぜひ当サイトをチェックしていただければ幸いです。

 

クレジットカード現金化に裏技など無い

 

世の中には様々なサービス・商品がありますが、そのサービス・商品には値段が付いているはずです。

 

どんなサービス・商品でも利益を目的として営業・販売されているものであればお金が掛かる事はご理解できますよね?そしてその値段に応じてサービス・商品の質が上がったり下がったりします。

 

当たり前ですが、500円のランチと1万円のディナーの質が同じなんてことはありえません(笑)。

 

どちらを選ぶかは人それぞれですが、値段に応じた質というものは確実にあります。

もし500円のランチと1万円のディナーが同じ質だったとしたら

1万円のディナーは詐欺まがいの営業をしていることになります。

 

数年前に話題になりましたが、某クーポンサイトで割引されたおせちの質は、サイトで説明されていたものとは全く違っていました。

 

これは明らかな詐欺で、消費者の落ち度は全くありません。

 

しかし、これとは反対に、ディナーの平均価格が1万円なのに対して、その質を500円で提供しますと言うところがあったとします。

 

あなたはそれを信じますか?特別なキャンペーンでもない限り疑うでしょう。

 

仮に信じた人がいたとして、その500円のディナーが1万円のディナーの質じゃなかったとクレームを入れるとなるとどうでしょう。

 

確かにお店は誇大広告として批判されるべきですが、クレーマーに落ち度がないかといえば、はっきり言ってそんなことを信じる馬鹿がいたのかという認識をされるでしょう。

 

クレジットカード現金化にも同じことが言えるかもしれません。

 

クレジットカード現金化はグレーゾーンと呼ばれるサービスですが、それ故に詐欺を働く業者が多いことは事実です。

 

まともな判断をするならば消費者金融でお金を借りるはずですが、クレジットカード現金化業者の甘言に乗せられて利用し、詐欺にあう人も少なくありません。

 

ここで、詐欺を働く業者はもちろん悪いです。

 

しかし、利用者も決して救われるべきとは言えません。カード会社の規約にはクレジットカード現金化は規約違反と書いてあります。

 

それを破ってでも利用して詐欺にあったとしても、周囲の認識としては、詐欺まがいのことをして詐欺にあっている、くらいにしか思われません。

 

世の中におきまして、何もかもが旨みたっぷりなうまい話は早々ありません。

 

もしあったとしたらこの世は楽園かもしれませんが、少なくとも現代は何かを手に入れる為には何かを犠牲にしなくてはいけません。

 

その犠牲になるものをしっかりと認識できる人間でいられるように心がけていきたいですね。

今回の記事は、未成年の方がクレジットカード現金化を検索しているときにご覧いただきたく記述しています。

 

その為、未成年でも受付をしてくれる業者をお探しの方にとっては意味の無い内容になってしまうかもしれませんが、そもそも未成年でも申し込みを受け付けしてくれる業者は無いと考えてください。

 

それでも未成年でも請け負う業者はあるだろう、と考える方に向けて未成年は何故受付対象ではないのか比較サイトで注意喚起される理由とは何か、また特定業者なら未成年でも大丈夫と紹介する比較サイトの意図は、と大まかに3つに分けまして記述していきたいと思います。

 

焦る気持ちを一度落ち着かせていただき、なぜダメなのか根本から改心していただくことを望みます。


未成年は何故受付対象ではないのか

 

未成年は成年とは異なり、社会経験の無さから法律上で法にかかわる契約ごとについては法定代理人による承諾等が必要です。

 

未成年がショッピング枠現金化を考えている時には、保護者等に相談して認められた上での行いでは無いことがほとんどではないでしょうか?

 

この金策は収入を得る事でも報酬を受け取る仕組みでもなく、ショッピング枠から算出される換金率によって現金がいくら手元に入るのかが決まる内容ですから総額で考えれば必ずマイナスになります。

 

保護者に相談すればクレジットカード現金化よりも適切な方法を見出せるはずですし、若いうちからこのような金策をしてしまっては後の長い人生に影響を与えかねません。

 

比較サイトで注意喚起される理由とは何か

 

悪徳業者に申し込みをさせないように注意している為であり、クレジットカード現金化業者で表記される情報にリスクに関する事項が少ない為です。

 

もちろん、未成年との関係だけでなく、様々な懸念事項について情報発信をされています。

 

特定業者なら未成年でも大丈夫と紹介する比較サイト

 

これは比較サイトが悪徳な場合に見られる記事コンテンツで、業者としても未成年を請け負っていないのに紹介先にされていることもあるようで、事業者側からも嫌がられているケースです。

 

利用できるはずもない人を誘導し、申し込みをさせるとお金が貰える仕組みがこれを助長しているとも言えます。


 

このようなことが考えられるだけでなく、実際に換金が出来てしまった場合についても被るトラブルについては予測できないものがありますので、未成年はクレジットカード現金化に手をださない、これに尽きると思います。

初めて申し込みをした時のドキドキ感・・・私は忘れる事が出来ません。

 

当サイトに訪れている閲覧者の方は、これから換金を試みている方やこのようなサービスに疑問を抱いている方、あるいは業界関係者の方かと思いますが、これから換金をする方に私から伝えておきたい事を中心に書き込みをしていますので、基本的に特定業者をオススメしたり相談にのるような事は一切行っていません。

 

そして、業界関係者にとって不都合な内容を消費者に伝える事になりますが、実際に逮捕者がいる事と悪徳業者が混在しているのは事実ですから、末永くこの商売でやっていくつもりなら自重しなければならない事があると私は思います。

 

先ほどチラッとお話しを致しましたが、某〇〇堂でクレジットカード現金化をしたことがあります。

 

それ以外にも、実際に利用したこともあり他の店舗の対応はどうなのかを聞きたくて検索して見つかった業者にひたすら問い合わせをした経験もあります。

 

そんな私が、これから換金をしたいと考えている方に気を付けてもらいたい事の一つに、タイトルでもありますように全ての業者におきまして写メを求められる事は避けられません。

 

店員さんによってはなぜそれが必要なのか明確に答えてくれる方もいれば、突き放すような言い方で送る事が当然であるかのように話すお店がありますが、送る写メの内容は身分証明書やクレジットカード、さらには身分証明書を手に持って自分の顔と一緒に映り込むようにして撮る事を要求されたり、時刻が分かるように時計と一緒に撮って欲しいと言われる事があります。

 

これは身分証明書が盗難にあって他人に使われていないか、または偽造されていないか、時刻に関しては写メはあらかじめ用意されたモノ(つまり偽造)ではないかなど、業者の立場からしても利用者が悪意ある利用であった場合には、こうした確認を取らずに決済を進めてしまってはトラブルを被る事になるからです。

 

こうした確認作業がある背景には、実際に偽造されたクレジットカードだったり、親御さんのクレジットカードを勝手に使う子が居るという話を聞きました。

 

子といっても、未成年者はもちろんですが成人された方もいるわけですから、お金が無いと人はとんでもない行動を取るんだなぁと逆に業者は業者で大変だと思いました。

 

こちらとしても出来れば送りたくない写メですが、互いに勘ぐり合いながら手続きが進むという事であり、業者の立場上どんなに優良店と言われているお店でもクレジットカード現金化では写メが必要であると結論付けることが出来ます。

この商法はここ数年で注目を集めるようになりましたが、実は昔からある商法の延長であり、何をいまさら、という印象すらあります。

 

困った時にお金を都合する「換金」の歴史は古く、鎌倉時代にその基礎は「質屋」という形で出来上がっていました。それから時代は現代にまで戻り、インターネットが普及してきたこの時代、「クレジットカード現金化」という形で「質屋」のシステムは受け継がれています。

 

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を換金する方法で、「キャッシュバック方式」と「買い取り屋方式」の2つのシステムがあります。

 

このクレジットカード現金化は、クレジットカード会社に借金をしてそのお金を担保にしてクレジットカード現金化業者からお金を貰う仕組みであり、登録までの時間や審査も早く、貸し付けが行われるまでの流れがスムーズな点から様々な人に利用されています。

 

利用層は幅広く、学生から社会人、主婦、お年寄りといった方々に利用がされています。

 

このクレジットカードの利用限度額というのは普通50万程度に設定されていることが多く、この範囲内であれば何度でも繰り返し利用することが可能です。

 

そしてクレジットカード現金化のメリットは、ショッピング枠を通じての取引なので、現金化をすればするほどクレジットカードの利用実績が付く為、クレジットカード会社への信用と信頼がアップしていきます。

 

それに伴い限度額も高く設定することができるようになっていきます。

 

換金後の支払い方法としては一括払いからボーナス一括払い、リボ払いまで契約している発行元の支払い方法全てを選択することができる点がメリットです。

 

お勧めは利子の付かないボーナス一括払いです。

 

借りた額が大きい場合は、ボーナス二回払いや、リボ払い、分割払いを選択するといった融通も利きます。

 

どの業者にしても、手続き方法はいたってシンプルで、サイトから申し込み内容を記述して本人確認の連絡が来ます。

 

本人確認ができたら指定されたサイトから必要な額の商品を購入し、お金が振り込まれるという具合で、早ければ5分から10分程度で現金を手にすることが可能です。

 

申し込み内容は、簡単なところですとブランドの種類、カード番号、利用予定額、電話番号といった項目だけで済みます。

 

急な出費で困った時などにクレジットカード現金化というキーワードを覚えておくだけで、いざという時に心強い味方となってくれることでしょう。

換金する事を推奨している側にあるのは、いつも業者や広告報酬を目的とした比較サイトばかりで、一利用者と推測される口コミや情報も有りますが、それが果たして真意はステマか判断できる確証や保証などどこにもありません。

 

この商法で逮捕者が過去に何人か存在している事も確かなのですが、そのような事例は幾つもあるのに実際に店を構える業者は少なくはありません。

 

逮捕されるまでに至る経緯も異なりますので、一概にクレジットカード現金化だから逮捕というワケではないようです。

 

それを裏付ける様に、最近新橋にあるお店に強盗が押し入った事件がメディアを駆け巡りましたが、クレジットカード現金化業者なのにも関わらず被害者の名称を「金券ショップ」として表示し、強盗は逮捕されましたが肝心のお店側については何のお咎め無しでした。

 

キッカケは特殊ですが一度警察がクレジットカード現金化業者に立ち入ったはずですから、事の結末がこれだとすると面白い考え方が出来そうですよね。

 

恐らく結果的に換金されるまでの工程が焦点となっている事は明らかであり、合法性をもって取引されて"結果的に換金"されている場合は取締の対象では無く、商品の実態が存在しなかったり融資や借金としての宣伝で集客する事など、その方法が論点と言えます。

 

それが法の網目を抜けたことが顕著に表れているのが、Amazonギフト券買取によるクレジットカード現金化ではないでしょうか?

 

発行元では転売について認めていないものの、法律がそれを定めていない事により、事実上転売されている実態があります。

 

クレジットカード現金化として集客をしていないものの、結果的に換金できるのですから、これもまた換金市場や買取業者を含め同様のサービスと指摘されていない事は、いかにこのサービスが世間に周知されていないかということの表れでもありそうです。

 

何が良くて何が悪いのか・・・普段利用している様々なサービスについても同様ですが、昔は許されても今はダメなモノ、コトはたくさんありますよね?こうしたサービスもまた、時間の経過とともに社会的な見解が公けにされて何等かの制約が生まれても可笑しくはありません。

 

少なくとも信用を換金する行為は信用を損ないかねないリスクを考えてみませんか?

 

と、お金に代え難いと言いますか、信用をお金で買えるワケで無い・後戻りできないと考えますと、自分の考え方も改める事が出来るのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/17 12:11:17

収入が安定しない、アルバイト、パートだからキャッシングが利用できない、そもそもキャッシング枠も付いていないなら、クレジットカード現金化が最適な方法になるかもしれません。

 

クレジットカードを利用してお金を作る

 

備え付けられている与信枠は2種類で有り、買い物をする為の与信枠と借入をする為の与信枠が有りますが、広く使われているのはあくまで買い物を目的とした使い方です。

 

支払いを立て替えてくれることで取引が円滑に出来たり、小銭が散らばらずに済む、利用する事で特典を受けられるなど、健全に利用を続けられればショッピングには必ず持って行ったほうが良く、手持ちの現金が少なくてもコレ一枚で事が済みます。

 

一方のキャッシング枠ですが、利用枠が少なく、すでに使い切ってしまっていたり、初期設定のままで20万円や30万円しか利用枠がなかったとしたら、さらにお金を借りようと思えば、ショッピング枠を利用したほうがいいことがあります。

 

なぜかといいますと、ショッピング枠の方が高く上限金額が定められている傾向に有りますので、この利用枠を換金すれば大金を手にすることができるからです。

 

もちろん、手数料として1割から2割を業者に支払うことになりますが・・・。

 

総量規制対象外だから審査のことは心配ない

 

決済できる対象の商品は、単純に買い物だけでなく、家賃や中古車に医療費など多岐に渡っています。

 

一方のキャッシングは使い道自由のお金を借りられるということで、借入・融資を目的ですから当然審査が厳しくなっています。

 

クレジットカードは作れても、キャッシング枠が設定されない事もあるようで、キャッシングの申し込みには総量規制がかかることがあり、年収の3分の1以上の借り入れができない決まりになっています。

 

そのため、他社で多額の借金があれば、必ずキャッシングの審査に落ちてしまいますが、クレジットカード現金化業者に依頼すれば、審査も不要で最短数十分で現金を手にすることができます。

 

ポイント還元率が高い発行会社なら多額のポイントゲット!

 

クレジットカード現金化の根底にはショッピングをして買い取ってもらう、またはキャッシュバックを受けるという方法が一般的で、その際商品を購入することになります。

 

商品は換金率の高いものが多いとは思いますが、商品券やギフト券も換金率の高い商品として知られていますが、クレジットカードにもポイント還元率の優遇には差が存在します。

 

そうしたクレジットカードを一枚作っておけば、ショッピング枠を使ってさらに割引を受けたり、結果的に貯めたポイントで商品券や景品をゲットすることができます。

 

クレジットカード会社も利用すればするほど特典を付けたがりますし、信用も必然的に上がりますので、こうした仕組みを利用すれば店員より提示された料率に上乗せが出来ますし、あくまで正しく支払いを続ける事が前提ですがプロパーカードであればインビテーションに繋がるでしょう。

 

まとめ

 

キャッシングが利用できない場合は、クレジットカード現金化にチャレンジしてみましょう。

 

ショッピング枠があれば、クレジットカード現金化業者に1割から2割の手数料を支払うことで、簡単にお金を手にすることができます。

 

総量規制対象外ですし、ポイントもゲットできるから、お得に気軽にお金を作ることが出来ます。

続きを読む≫ 2015/11/17 11:36:17