クレジットカード現金化を比較することの重要性について

クレジットカード現金化を比較することの重要性について

クレジットカード現金化を知らない方にとっては、ショッピング枠という決して現金で引き出す事が出来ない有体性の無いモノを、実際に手に取りだすことが出来るとして、まるで0から1を生み出す魔法のサービスとして、少々怪しいと思いながらも魅力を抱いてしまうことと思います。

 

しかもそれは消費者金融における審査が一切通さずに出来るというワケですから、借り入れ・融資を断られた方からすれば神の如くありがたい存在に感じるのかもしれません。

 

何らかの他の工面する方法があればクレジットカード現金化に頼らなくても済みますし、出来ればそうしたい事も十分に承知の上と言いますか、もうクレジットカード現金化しか選択肢が無いのですから致し方無いのかもしれません。

  • 親族や友人に相談したが相手にされない
  • 会社の上司に借りることや給与の前借が出来ない
  • 副業なんてする時間も無いし給料日まで待てない
  • クレジットカード払いに対応できない項目に支払いをしなければならない

上記の様な理由に合致されている方は、クレジットカード現金化を選ぶか債務整理を選択するかまでに追い詰められた環境に居るのではないでしょうか?抱えている債務の金額が大きければ多い方ほど、債務整理を選択する事を強くオススメしますが、債務を抱えていない場合についてはクレジットカード現金化の需要がありそうです。

 

一度債務整理をされるとこれまで所有できていたクレジットカード自体が使えなくなる恐れがあり、一つの金融事故記録として各種信販やローンに関わるサービスの審査上、不利に働く履歴事項として登録されてしまうからなんです。

 

その履歴は最低でも約5年間ほどは保持されているとされており、いざ何かのサービスに申込みをしたりする際に弊害になる恐れがありますので、安易に債務整理を選択する事は出来ません。

 

一方でクレジットカード現金化は支払いをしっかりと行うことが前提ですが金融事故記録として扱われるコトはありません。

 

しかし、発行元に換金目的に利用した事を告げてしまえば処分が下りますので、クレジットカード現金化をしていたことを忘れて何か有った時の受け答えだけは準備する事を各比較サイトでは提唱されています。

 

こうした内容は業者のサイト上では決して知る事が出来ない"実態"は、比較サイトならではの情報となっていますので、いきなりお店に申込みをする事が損をする事に繋がる事は言うまでもありません。

 

悪質な情報を流すサイトとの見極めをする為にもぜひ当サイトをチェックしていただければ幸いです。

 

クレジットカード現金化に裏技など無い

 

世の中には様々なサービス・商品がありますが、そのサービス・商品には値段が付いているはずです。

 

どんなサービス・商品でも利益を目的として営業・販売されているものであればお金が掛かる事はご理解できますよね?そしてその値段に応じてサービス・商品の質が上がったり下がったりします。

 

当たり前ですが、500円のランチと1万円のディナーの質が同じなんてことはありえません(笑)。

 

どちらを選ぶかは人それぞれですが、値段に応じた質というものは確実にあります。

もし500円のランチと1万円のディナーが同じ質だったとしたら

1万円のディナーは詐欺まがいの営業をしていることになります。

 

数年前に話題になりましたが、某クーポンサイトで割引されたおせちの質は、サイトで説明されていたものとは全く違っていました。

 

これは明らかな詐欺で、消費者の落ち度は全くありません。

 

しかし、これとは反対に、ディナーの平均価格が1万円なのに対して、その質を500円で提供しますと言うところがあったとします。

 

あなたはそれを信じますか?特別なキャンペーンでもない限り疑うでしょう。

 

仮に信じた人がいたとして、その500円のディナーが1万円のディナーの質じゃなかったとクレームを入れるとなるとどうでしょう。

 

確かにお店は誇大広告として批判されるべきですが、クレーマーに落ち度がないかといえば、はっきり言ってそんなことを信じる馬鹿がいたのかという認識をされるでしょう。

 

クレジットカード現金化にも同じことが言えるかもしれません。

 

クレジットカード現金化はグレーゾーンと呼ばれるサービスですが、それ故に詐欺を働く業者が多いことは事実です。

 

まともな判断をするならば消費者金融でお金を借りるはずですが、クレジットカード現金化業者の甘言に乗せられて利用し、詐欺にあう人も少なくありません。

 

ここで、詐欺を働く業者はもちろん悪いです。

 

しかし、利用者も決して救われるべきとは言えません。カード会社の規約にはクレジットカード現金化は規約違反と書いてあります。

 

それを破ってでも利用して詐欺にあったとしても、周囲の認識としては、詐欺まがいのことをして詐欺にあっている、くらいにしか思われません。

 

世の中におきまして、何もかもが旨みたっぷりなうまい話は早々ありません。

 

もしあったとしたらこの世は楽園かもしれませんが、少なくとも現代は何かを手に入れる為には何かを犠牲にしなくてはいけません。

 

その犠牲になるものをしっかりと認識できる人間でいられるように心がけていきたいですね。