クレカ現金化を比較することの重要性について

クレカ現金化を比較することの重要性について

クレカ現金化を知らない方にとっては、ショッピング枠という決して現金で引き出す事が出来ない有体性の無いモノを、実際に手に取りだすことが出来るとして、まるで0から1を生み出す魔法のサービスとして、少々怪しいと思いながらも魅力を抱いてしまうことと思います。

 

しかもそれは消費者金融における審査が一切通さずに出来るというワケですから、借り入れ・融資を断られた方からすれば神の如くありがたい存在に感じるのかもしれません。

 

何らかの他の工面する方法があればクレカ現金化に頼らなくても済みますし、出来ればそうしたい事も十分に承知の上と言いますか、もうクレカ現金化しか選択肢が無いのですから致し方無いのかもしれません。

  • 親族や友人に相談したが相手にされない
  • 会社の上司に借りることや給与の前借が出来ない
  • 副業なんてする時間も無いし給料日まで待てない
  • クレカ払いに対応できない項目に支払いをしなければならない

上記の様な理由に合致されている方は、クレカ現金化を選ぶか債務整理を選択するかまでに追い詰められた環境に居るのではないでしょうか?抱えている債務の金額が大きければ多い方ほど、債務整理を選択する事を強くオススメしますが、債務を抱えていない場合についてはクレカ現金化の需要がありそうです。

 

一度債務整理をされるとこれまで所有できていたクレカ自体が使えなくなる恐れがあり、一つの金融事故記録として各種信販やローンに関わるサービスの審査上、不利に働く履歴事項として登録されてしまうからなんです。

 

その履歴は最低でも約5年間ほどは保持されているとされており、いざ何かのサービスに申込みをしたりする際に弊害になる恐れがありますので、安易に債務整理を選択する事は出来ません。

 

一方でクレカ現金化は支払いをしっかりと行うことが前提ですが金融事故記録として扱われるコトはありません。

 

しかし、発行元に換金目的に利用した事を告げてしまえば処分が下りますので、クレカ現金化をしていたことを忘れて何か有った時の受け答えだけは準備する事を各比較サイトでは提唱されています。

 

こうした内容は業者のサイト上では決して知る事が出来ない"実態"は、比較サイトならではの情報となっていますので、いきなりお店に申込みをする事が損をする事に繋がる事は言うまでもありません。

 

悪質な情報を流すサイトとの見極めをする為にもぜひ当サイトをチェックしていただければ幸いです。

この商法はここ数年で注目を集めるようになりましたが、実は昔からある商法の延長であり、何をいまさら、という印象すらあります。

 

困った時にお金を都合する「換金」の歴史は古く、鎌倉時代にその基礎は「質屋」という形で出来上がっていました。それから時代は現代にまで戻り、インターネットが普及してきたこの時代、「クレジットカード現金化」という形で「質屋」のシステムは受け継がれています。

 

クレジットカード現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を換金する方法で、「キャッシュバック方式」と「買い取り屋方式」の2つのシステムがあります。

 

このクレジットカード現金化は、クレジットカード会社に借金をしてそのお金を担保にしてクレジットカード現金化業者からお金を貰う仕組みであり、登録までの時間や審査も早く、貸し付けが行われるまでの流れがスムーズな点から様々な人に利用されています。

 

利用層は幅広く、学生から社会人、主婦、お年寄りといった方々に利用がされています。

 

このクレジットカードの利用限度額というのは普通50万程度に設定されていることが多く、この範囲内であれば何度でも繰り返し利用することが可能です。

 

そしてクレジットカード現金化のメリットは、ショッピング枠を通じての取引なので、現金化をすればするほどクレジットカードの利用実績が付く為、クレジットカード会社への信用と信頼がアップしていきます。

 

それに伴い限度額も高く設定することができるようになっていきます。

 

換金後の支払い方法としては一括払いからボーナス一括払い、リボ払いまで契約している発行元の支払い方法全てを選択することができる点がメリットです。

 

お勧めは利子の付かないボーナス一括払いです。

 

借りた額が大きい場合は、ボーナス二回払いや、リボ払い、分割払いを選択するといった融通も利きます。

 

どの業者にしても、手続き方法はいたってシンプルで、サイトから申し込み内容を記述して本人確認の連絡が来ます。

 

本人確認ができたら指定されたサイトから必要な額の商品を購入し、お金が振り込まれるという具合で、早ければ5分から10分程度で現金を手にすることが可能です。

 

申し込み内容は、簡単なところですとブランドの種類、カード番号、利用予定額、電話番号といった項目だけで済みます。

 

急な出費で困った時などにクレジットカード現金化というキーワードを覚えておくだけで、いざという時に心強い味方となってくれることでしょう。

換金する事を推奨している側にあるのは、いつも業者や広告報酬を目的とした比較サイトばかりで、一利用者と推測される口コミや情報も有りますが、それが果たして真意はステマか判断できる確証や保証などどこにもありません。

 

この商法で逮捕者が過去に何人か存在している事も確かなのですが、そのような事例は幾つもあるのに実際に店を構える業者は少なくはありません。

 

逮捕されるまでに至る経緯も異なりますので、一概にクレジットカード現金化だから逮捕というワケではないようです。

 

それを裏付ける様に、最近新橋にあるお店に強盗が押し入った事件がメディアを駆け巡りましたが、クレジットカード現金化業者なのにも関わらず被害者の名称を「金券ショップ」として表示し、強盗は逮捕されましたが肝心のお店側については何のお咎め無しでした。

 

キッカケは特殊ですが一度警察がクレジットカード現金化業者に立ち入ったはずですから、事の結末がこれだとすると面白い考え方が出来そうですよね。

 

恐らく結果的に換金されるまでの工程が焦点となっている事は明らかであり、合法性をもって取引されて"結果的に換金"されている場合は取締の対象では無く、商品の実態が存在しなかったり融資や借金としての宣伝で集客する事など、その方法が論点と言えます。

 

それが法の網目を抜けたことが顕著に表れているのが、Amazonギフト券買取によるクレジットカード現金化ではないでしょうか?

 

発行元では転売について認めていないものの、法律がそれを定めていない事により、事実上転売されている実態があります。

 

クレジットカード現金化として集客をしていないものの、結果的に換金できるのですから、これもまた換金市場や買取業者を含め同様のサービスと指摘されていない事は、いかにこのサービスが世間に周知されていないかということの表れでもありそうです。

 

何が良くて何が悪いのか・・・普段利用している様々なサービスについても同様ですが、昔は許されても今はダメなモノ、コトはたくさんありますよね?こうしたサービスもまた、時間の経過とともに社会的な見解が公けにされて何等かの制約が生まれても可笑しくはありません。

 

少なくとも信用を換金する行為は信用を損ないかねないリスクを考えてみませんか?

 

と、お金に代え難いと言いますか、信用をお金で買えるワケで無い・後戻りできないと考えますと、自分の考え方も改める事が出来るのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/17 12:11:17

収入が安定しない、アルバイト、パートだからキャッシングが利用できない、そもそもキャッシング枠も付いていないなら、クレジットカード現金化が最適な方法になるかもしれません。

 

クレジットカードを利用してお金を作る

 

備え付けられている与信枠は2種類で有り、買い物をする為の与信枠と借入をする為の与信枠が有りますが、広く使われているのはあくまで買い物を目的とした使い方です。

 

支払いを立て替えてくれることで取引が円滑に出来たり、小銭が散らばらずに済む、利用する事で特典を受けられるなど、健全に利用を続けられればショッピングには必ず持って行ったほうが良く、手持ちの現金が少なくてもコレ一枚で事が済みます。

 

一方のキャッシング枠ですが、利用枠が少なく、すでに使い切ってしまっていたり、初期設定のままで20万円や30万円しか利用枠がなかったとしたら、さらにお金を借りようと思えば、ショッピング枠を利用したほうがいいことがあります。

 

なぜかといいますと、ショッピング枠の方が高く上限金額が定められている傾向に有りますので、この利用枠を換金すれば大金を手にすることができるからです。

 

もちろん、手数料として1割から2割を業者に支払うことになりますが・・・。

 

総量規制対象外だから審査のことは心配ない

 

決済できる対象の商品は、単純に買い物だけでなく、家賃や中古車に医療費など多岐に渡っています。

 

一方のキャッシングは使い道自由のお金を借りられるということで、借入・融資を目的ですから当然審査が厳しくなっています。

 

クレジットカードは作れても、キャッシング枠が設定されない事もあるようで、キャッシングの申し込みには総量規制がかかることがあり、年収の3分の1以上の借り入れができない決まりになっています。

 

そのため、他社で多額の借金があれば、必ずキャッシングの審査に落ちてしまいますが、クレジットカード現金化業者に依頼すれば、審査も不要で最短数十分で現金を手にすることができます。

 

ポイント還元率が高い発行会社なら多額のポイントゲット!

 

クレジットカード現金化の根底にはショッピングをして買い取ってもらう、またはキャッシュバックを受けるという方法が一般的で、その際商品を購入することになります。

 

商品は換金率の高いものが多いとは思いますが、商品券やギフト券も換金率の高い商品として知られていますが、クレジットカードにもポイント還元率の優遇には差が存在します。

 

そうしたクレジットカードを一枚作っておけば、ショッピング枠を使ってさらに割引を受けたり、結果的に貯めたポイントで商品券や景品をゲットすることができます。

 

クレジットカード会社も利用すればするほど特典を付けたがりますし、信用も必然的に上がりますので、こうした仕組みを利用すれば店員より提示された料率に上乗せが出来ますし、あくまで正しく支払いを続ける事が前提ですがプロパーカードであればインビテーションに繋がるでしょう。

 

まとめ

 

キャッシングが利用できない場合は、クレジットカード現金化にチャレンジしてみましょう。

 

ショッピング枠があれば、クレジットカード現金化業者に1割から2割の手数料を支払うことで、簡単にお金を手にすることができます。

 

総量規制対象外ですし、ポイントもゲットできるから、お得に気軽にお金を作ることが出来ます。

続きを読む≫ 2015/11/17 11:36:17

最近は社会的な規制の影響からクレジットカード現金化について知る術は無くなってきています。

 

時たま社会問題に対するコラムを執筆する方が記事を投稿し、それが各種キュレーションサイトなどで拡散されている様子は今でも有りますが、注意喚起の公式ページとされる省庁の特設ページの更新は現在から逆算して約2年以上も更新されておらず、確かに全盛期と比べて大激減している事から一定の効果を示しているとも感じます。

 

このように、世間がクレジットカード現金化に対して利用しない事が正しいという認知が広まったコトによって、各種案件を取り扱う広告制作・メディア側が自主的なガイドラインを定める事により、その活動を抑制することに繋がっているのですね。

 

さらに、検索順位結果の決定要因となっているアルゴリズムが複雑になったことで、簡単に集客することが出来なくなった業者たちは手頃に集客できる手法として、Yahoo知恵袋や掲示板でのステマ活動に力を入れています。

 

そして全国各地で対応が可能であるはずなのに「●●市のクレジットカード現金化はこちら!」という具合にその地域で請け負ってくれる業者を探している人たちをミスリードしようとしている戦略が組まれています。

 

これらは他の地域名でも同様の業者が表示されている事が見れますので、もし気になった業者を知るキッカケがこの類である方は、試しに検索してみる事をオススメします。

 

都道府県の違いのみならず、各市区町村の名前ごとにタイトルタグを付けて量産しており、地域名称が異なるだけで他の中身は同じという事が特徴で、意図的に狙っている・カモにされているということです。

 

こうした手法で運営されている業者は全てでは無く、限られた業者になりますが、こうした屋号について比較サイトで探しますと多くの場合で比較対象とされていなかったり、ランキング付されているタイプにしても下位に位置している事が多く、苦肉の策として施行している様子が分かります。

 

それだけ業界が苦しんでいると言う事ですね。

 

実店舗型はネットの影響を受ける事無く、その地域に根付いているので世間的な評価は当然受けるものの、その付近に在住する方が対象ですから、むしろネットにお金を掛けても仕方がないと言う事です。

 

媒介物が従来からの換金性の高い品々に集中している事も特徴ですから、実店舗型だから安全だという保証が有る訳も有りません。

 

どれを選ぶにしても降りかかるリスクは皆同じであり、自己責任であるコトも変わりが無いと理解してください。

続きを読む≫ 2015/11/16 18:51:16

クレジットカード現金化も無駄に?進化を遂げています。

 

初期の頃は、商品購入に対する還元や買取代金としてお金を受け取る方法が多かったわけですが、最近ではAmazonギフト券もよく利用されています。

 

Amazonギフト券によるクレジットカード現金化

 

あるクレジットカード現金化業者は、Amazonギフト券による買取りを始めました。

 

そして、ネットの掲示板や広告などで知られるようになり、ついにAmazonギフト券を使用した専門換金市場の立ち上げにまで至りました。

 

その後、換金市場のボリュームも拡大し、他のクレジットカード買取業者のサイトが閉鎖されることが多かったため、Amazonギフト券の買取市場による換金が増えているものと予想されています。

 

Amazonなら、本やDVDだけではなく、豊富な商品を取り扱っているから、期限付きのAmazonギフト券であっても、換金率も高めに設定されているから需要が多くなっているわけです。

 

Amazonギフト券を利用する場合自分で換金率の高い買取市場を探すAmazonギフト券を使ったクレジットカード現金化は、あくまでも二次的なものです。

 

やりすぎない限りは、買取業者に依頼するわけではないので、利用しやすい方法です。

 

しかし、すぐに換金ができないというデメリットもあります。

 

ただ、クレジットカード現金化のように業者に手数料を支払う必要はありませんし、利用しすぎなければ、クレジットカードの利用停止にもなりにくい方法だとしていますが、決済名目にバッチリ表示されますので、こちらにつきましては当サイトで否定させていただきます。

 

Amazonギフト券の買取率は、最大92%ほどになりますし、87%以上の買取保証サービスもついているサイトもあります。

 

サイトによっては24時間対応で、入金までのスピードには7分〜当日といったバラツキがあるのが特徴です。

 

Amazonギフト券のまとめ買いはクレジットカードの利用停止になることも

 

Amazonギフト券によるクレジットカード現金化は、自分で換金することも出来ます。

 

業者も利用している換金市場を利用すれば、業者に支払う手数料が不要になっているわけです。

 

Amazonギフト券は、コンビニのカードタイプを除き、実際に商品券が手元にあるわけではなく、電子データでのやり取りのみで、クレジットカード現金化には利用しやすい方法です。

 

換金率の高い商品やAmazonギフト券は、大量に購入する人もいるようです。

 

そこでAmazon側でも転売規制をかけているため、将来的にはそう簡単に転売できないケースも出てくるでしょう。

 

まとめ

 

Amazonギフト券買取は、将来的には転売規制がかかる可能性もあり、流行りの現金化の方法になっています。

 

できれば、換金市場での買取りがオススメで、買取業者への転売は優良業者を探すのが難しくなっているのが現状です。

続きを読む≫ 2015/11/15 17:04:15

”支払いをしなければいけない”この考え方が金策を後押しする事になりますl。

 

お金が無いから何かに縋らなければならない、いや、これまでにお金を貯金してきませんでした、が正しいのでは無いでしょうか?元々身銭を蓄えておけばクレカ現金化に縁の無い生活を続けられたことと思います。

 

そんな簡単に言うな、という言葉が聞こえてきそうですが、どんなに所得が低くても高くても、結局意識が無い人の節約に対する考え方は変わらないでしょう。

 

なってからでないと気付かない、それでは理性を持った動物=人間では無く、ただの動物です。

 

自分の収入を自由に使うことは悪い事では有りませんが、物事には限度があります。

 

人生経験の無さから、特に若いうちに金銭面で失敗してしまいますとその後の人生に影響が及びますので、働き始めてから希望する収入を得るまでの道のりというのは、サラリーマンでは何年も何十年も時間が必要となります。

 

自分ひとりで仕事をしているわけでは無いのですから、自分が満足できる給料を貰えずにオカシイと考える方は、どれだけその組織に貢献しお金を齎しているのか、はっきりとした数字と会社経営上の様子と照らし合わせれば分かる事であり、単純に12時間働いている、残業をしている、などの理由で賃金を求める方は幼稚だと私は思います。

 

ここまでは貯金をしてこなかった事に対しての批判であり、貯金額の大小を指しているのではありません。

 

そもそもクレカ現金化で用立てられる金額はショッピング枠の範囲内ですから、何百万もクレカ現金化を利用している人は法人カード、もしくは金融商品絡みで追証などの失敗に伴う方くらいではないでしょうか。

 

クレカ現金化に伴う手数料の発生が気に食わないとする検討者の方がいらっしゃるかと思いますが、肩を持つわけではありませんが相手は商売で行っていることですので当然です。

 

逆に利用せざるを得なくなった貴方が恥ずかしくさえ思います。

 

貨幣社会が人間が人間らしく生きる為の条件ですから、お金から逃れる事は出来ません。

 

ましてやお金をもっと欲しいと考えている人は世の中、同年代の方も同じであり、貴方だけが苦しい思いをしているワケでは有りません。

 

皆、必死になって毎日を戦っているのですから、その努力を怠った結果が社会的地位にも繋がります。

 

元々裕福な家庭に生まれ育った方は、そのまま良い環境で大人になっていく確率は高く、生まれた環境で将来が決まるのが日本社会で、一代で何かを築き上げることがいかに素晴らしい事なのか分かると思います。

 

安定を求める日本人の気質が、低所得者層と中流層の増加につながっているのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:57:08

クレカ現金化を行うにあたって、インターネットを利用される方であればいきなり業者の申込みフォームに入力されることはないでしょう。

 

とりあえず情報を仕入れる事がスタートになります。

 

比較サイトは閲覧されることを目的に運営されていますので、検討している当事者からすれば甘い言葉を並べているサイトを訪問する事になりますが、その時点で運営者の思惑にはまっている恐れがあります。

 

これはクレカ現金化業者から集客の報酬を受け取って運営されている比較サイトが存在しているからです。

 

全てがそうとも言えず、見なければ何も始まらないのですが、甘い言葉でタイトル付された比較サイトの全てを決して鵜呑みにしないでいただきたいと言う事で、特に報酬を受け取っている場合ですとクレカ現金化に関する「負」のイメージを連想させる情報を掲載しないという傾向があります。

 

興味のあるタイトルから迷い込んだ利用検討者に対し、申込みをさせようと特定サイトの称賛と、報酬の無い他業者をこき下ろす内容を記述している印象が感じられましたら疑いましょう。

 

中には、訪問した誰もが書き込みが出来るようにシステムが組み込まれたところもありますが、システムで管理されているという事は運営者の管理下にあるという事で、投稿される内容を操作できるということですから、運営者の意図に沿わない情報を書き込みすると削除されることがあります。

 

例えば 運営者の意図として流し込みしたクレカ現金化業者に対し、これまでに投稿された口コミと全く異なる実態で有った場合には、「この口コミは業者です」なんて書き込みをすると削除されます。

 

そう、口コミを管理しているのです。

 

誰もが情報を投稿し合うコミュニティに管理者が混じっているとしても、他人が関与する事は出来ないからであり、常にアカウントは運営者にあります。

 

比較サイトを比較し、比較サイトの中でも比較をする、さらに実際に問合せを行って比較をする・・・手間では有りますが自己防衛する為にしなくてはいけないと当サイトでは考えます。

 

情報を提供される運営者が換金をして振込を行うワケでは有りませんし、最終的には店を選択して換金を決意した自分自身に責任があります。

 

特にクレカ現金化という真っ当な感じでは無い取引ですから、誰がどこでどんな素性なのか分からないままにサービスを受ける事が多く、ネットを使った取引の全てに言えることですのでこれからも気を付けていただければと思います。

続きを読む≫ 2015/11/08 17:40:08

正直申しまして、机上の話だけではクレカ現金化を理解する事は非常に難しいと一体験者と致しましては感じます。

 

実際に自身のクレカで決済をして、自身の口座に入金が確認されて初めて理解する事ができると考えます。

 

何しろお金が先行して取引される方が多いですから当然と言えば当然の事なのですが、まずは疑いの気持ちを持って申込みをしている事と思います。

 

これは正しい事です。

 

最終的に良かったと感じる事が出来れば良いのですが、工面するために申し込みをして「振込されない」などのトラブルを引くことが一番厄介であり、これは利用者自身も規約違反に該当されている事に加え、商品を購入する決済はごく一般的に行われている事ですから、換金目的では無いとする取引上、"自分の意思で購入したけど支払いません"では、ますますホルダー側の立場は危ういモノになります。

 

定期的にクレカ現金化に関する話題は出てきておりますので、これからもその様な話題が出ない保証など一切有りません。

 

しかし、定説としてクレカ現金化に対する見方を説明する質問の内容は従来からも全く変わる様子が無く、今回は業者や比較サイトにて掲載されている情報を参考程度に抜粋し、まとめてみました。

 

キャンセルに伴うクーリングオフは可能?

 

通信販売業の多くはクーリングオフの適用外とされていますので、何かと基本的に事業者はキャンセルに応じるだろうという先入観が我々日本人には有りますが、実は自主的な方針で有ることの方が多いです。

 

しかし、最近のAmazonギフト券現金化のように、電子マネーや電子コードのように不変的な価値ある商品については、その性質上クレカ現金化業者が応じる事はありません。

 

これを良い事に、様々な詐欺集団が目を付けているコトも次第に明るみとなってきています。

 

貸してくれるんじゃないの?

 

実はやっているんじゃないの?実際に過去に検挙された業者は並行して行っていたという情報も有り、むしろ危険ですから近寄ってはなりません。

 

クレカを作ってくれる?

 

この程度の理解力ではクレカ現金化はハードルが高すぎる金策です。

 

社会人ですからある程度の一般教養は弁えておかなければなりません。

 

まとめ

 

正直複雑過ぎて、店員さんに概要の説明を求めた方がよく理解できます。

 

中にはそれを煙たがるお店が有るようですが、責める必要も無く、そっと電話を置いていただいて結構です。

続きを読む≫ 2015/11/06 19:19:06

クレカ現金化が全てであるかのように宣伝する業者と、それを後押しするようにサービスのメリットを語る比較サイト。

 

この換金行為が社会的に良くない視点で見られている傾向を考えましても、記述する事が出来る内容が無い&限られている事により、WEBサイトとしてのコンテンツが無い比較サイトが無数の様に存在しています。

 

一度覗きこんでしまいますと、申込みへの一方通行が出来上がっておりますので、比較検討者が閲覧してしまっては他の金策について調べる猶予を与えてはくれません。

 

なかなかそれ以外の方法について触れさせる機会や情報を発信する事が少ない中で、自分の身を守るのは自分しかいませんので、取り入れるべき情報は全てでは無く、精査する必要があります。

 

当サイトでは比較することの重要性を発信しておりますので、今回はクレカ現金化以外の資金工面方法をキュレーションしてみました。

 

あくまで正規の貸金業者

 

消費者金融はおおまかに2種類に分けられ、銀行傘下であるか否かで少し事情が異なります。

 

総量規制と言われる年収1/3の上限はあまりにも有名ですが、これは銀行傘下では無い方に定められていますので、銀行傘下であれば事実上のフリーローンとして使い勝手の良さは抜群・・・でもその分審査は徹底されるコトになります。

 

非合法貸金業者

 

ヤミ金や個人間融資などの行政から許可を得ていない方が貸し出しを行っているところですが、当然申込みをしてはなりません。

 

携帯電話料金換金

 

最近になって見られる手口で、キャリア決済などの言葉が使われていますが、携帯電話料金を分割やリボ払いで支払えるコトは出来ませんよね?全て一括請求であるということ、換金率の相場が総じて低いことがデメリットです。

 

プライドを捨てて頭を下げ続ける

 

信用情報機関の履歴を汚すことは有りませんが、人としての信頼を著しく損なう恐れがありますが・・・考えてみてください。

 

逆に貸してくれと言われた場合の反応はいかがでしょうか?決して気持ちの良いモノでは有りませんよね?それでも業者を通さないだけマシなのかもしれません。

 

まとめ

 

何かを得る為には何かを失う道理は、金策においても共通することです。

 

情報はたくさんありますが、その中から貴方はコレ!と決めつける事は相談でもしない限りあり得ない事で、まずは業者を使わない方法から模索する事が適切であるコトは言えそうです。

続きを読む≫ 2015/11/06 18:09:06

クレカ現金化業者が自作していると推測されるランディングページを閲覧していますと、悪徳業者が淘汰されているという情報を発信されており、2ちゃんねるの関連スレッドでも取り上げられているなど、その情報は広く拡散されています。

 

掲載されている業者やそのデザインが似ていることからお店への導線を作っているようですが、確かに有益な情報の一つではないでしょうか?クレカ現金化業者は改正貸金業法の中で段階的に行われてきた更新の最終局面である「総量規制」の施行前後年度が最も栄えたとされ、これを裏付ける様に国民生活センターの相談件数はピークを迎えています。

 

その後現在までに約1/4以下までに急激な下がりを見せていることにつきましては、最盛期に全国で初めて逮捕者が現われたことを契機に、店舗型もネット型も関係なく違法性を懸念して閉店していくお店が見受けられました。

 

逮捕された業者がキャッシュバックスという屋号名でその名の通り還元する仕組みで営業していたことにより、買取型に移行して「還元は違法です、でも買取は合法です」という謳い文句が流行ったことも有りましたが、次第に買取式の業者も検挙されてそのような風潮は見られなくなっていきました。

 

クレカ現金化は今も昔もイタチゴッコの歴史を繰り返しているとも言え、最近新たに電子ギフト券を買い取るという流行もあります。

 

これも時間の問題でしょう。

 

それでもサービスに対する懸念事項は同じ与信枠を換金することを目的としているために変わりは無く、基本的に新規参入の業者よりも既存業者の店舗増殖、グループ化している傾向が推測され、あらゆるリスクヘッジを模索していることが予想されます。

 

さあ果たしてクレカ現金化は今後も換金し続けることが出来るのか、世の中でベンチャーなどと聞こえの良いIT絡みの話しは法律の隙間を潜り抜けたサービスである可能性もあり、従来の社会では存在しなかった新たなサービスが続々と出てくることでしょう。

 

これに待ったを掛けるのは業者や消費者では無く、行政側の意識次第ではないでしょうか?クレカ現金化業者の数が少なくなっているだけに、悪さをすればすぐに目立つでしょう。

 

少なくなってきていると言いましても新規参入する者が現れる可能性もありますし、振込をするということはそれなりの資金的体力も要しますし、リスクも付きまといながら利用者に高換金率で振込をしなければ成らない事を考えても、割に遭わない商売をやってるな〜と思いませんか?

続きを読む≫ 2015/10/30 19:22:30